トピックス

[特別展]生誕220年広重
‐雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく-

広重
  • 平成29年7月22日(土) ~ 平成29年9月3日(日)
  • 観覧料:500円/前後期セット券:700円

  • 平成29年に生誕220年を迎える浮世絵師歌川広重は、東海道五拾三次などの風景版画作品で親しまれています。
    「雨の画家」ともいわれる広重には、雨の庄野や雪の蒲原など「雨」や「雪」あるいは「夜」などがサブテーマと
    なっている 印象的な作品が多くあります。そうして描き出された情景の中には、登場人物の感情が込められており、
    多くの人々の心を惹きつけています。
     今回の展覧会では、前期:「広重の旅」、後期:「風景絵師広重」というテーマで保永堂版「東海道五拾三次之内」(全揃:通期展示)だけでなく、20以上もある東海道絵から代表的な作品のほか、江戸名所絵、全国各地の
    名所絵など広重の主要な作品154点を展示します。
    また、ゴッホが模写したことで有名な「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」と特別展示します(後期のみ)。
     広重の風景画に見られるさまざまな仕掛けに注目しつつ、風景版画の魅力をひもときます。
  • ※会期中、一部作品の展示替えを行います。

【前期:7月22日(土)~8月13日(日) 後期:8月15日(火)~9月3日(日)】
●7月30日(日)、8月5日(土)、8月27日(日) 各日午後2時より展示室にて行います。予約不要。
●8月30日(水)、9月2日(土) 各日午後6時30分より展示室にて行います。予約不要。
※8月29日(火)~9月3日(日)はナイトミュージアムのため夜8時まで開館。

安城市歴史博物館公式サイト→http://ansyobunka.jp/rekihaku/exhibition/index-exhibition.html

【問合せ】安城市歴史博物館 ☎0566-77-6655

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせはこちら