トピックス

【企画展】一汁三菜 -江戸から昭和の食文化-

一汁三菜
  • 会期:平成30年1月20日(土) ~ 3月18日(日) 観覧料:無料
  • 昔、この地域の人々はどのようなものを食べていたのでしょうか。この展示では食に関する収蔵品を通して、江戸時代後期(19世紀)から昭和30年代(1950~60年代)の安城の食を紹介します。  本館には食に関わる民具や生活道具が2000点以上あり、民具の中で一番多く収蔵されています。また、家に伝わる日記や書籍などに食事や献立などの記述をみることができます。江戸時代から続く明治・大正、昭和初期の食生活は、レパートリーの少ない粗食で生活し、祭礼などのハレの日でないと美味しいものにありつけないというイメージがあります。しかし、収蔵する資料をみていくと、普段の生活でもいろいろな物を食べ、洋食や洋食的な食事が振る舞われていて、私たちが思っているより、当時の人々が食を楽しんでいたことがうかがうことできます。  この展示では、民俗的な郷土食、ハレとケの食事のような定型的な食生活だけでなく、江戸時代の古書・記録、明治・大正・昭和初期の日記や帳簿類(家計簿)など、戦後から昭和30年代までの食べ物の変化が分かる記録や書籍、そして食べ物に使用した道具などを展示します。

【記念講演会】「食からみた近代のくらし-安城市域を中心に-」
2月17日(土)14:00~ 講師:高部淑子氏(日本福祉大学知多半島総合研究所教授)

【歴博講座】「日本デンマーク時代の食」
1月27日(土)14:00~  講師:三島一信氏(本館学芸員)

【関連イベント】
・「木型で成形!もちもち菓子『おこしものづくり』」 2月18日(日)10:00~12:00
・「伝わるお菓子『いがまんじゅうづくり』」 2月24日(土)10:00~12:00
・ミュージアムコンサート「食のうた~うたおう!学ぼう!安城の食~」3月3日(土)14:00~

【関連イベント】
12月17日(土)10:00~15:30「ミニはにわづくり体験~成形から焼成まで~」

【展示解説】
1月21日(日)・2月10日(土)・3月4日(日)
 各日午後2時より展示室にて行います。予約不要。

安城市歴史博物館公式サイト→http://ansyobunka.jp/rekihaku/exhibition/index-exhibition.html
【問合せ】安城市歴史博物館 ☎0566-77-6655

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせはこちら